cuba

荷造りしてみる。 父のデカいスーツケース、半分だけ埋まる。これ以上持っていくものも思いつかないのでヨシとする。 1/21に福山通運が取りに来て空港まで運んでくれるんだって。やさし〜。

仕事。 朝から眼鏡をかけてみる。パソコンも、近すぎると見えづらくなるのでちょうどよく離れる感じになる。案外いいかもしれない。 ちょっと時間が空いたので駐車場に出てみた。日差しが強かったので調光具合のテスト。 おぅっ、ほんの数十秒で黒くなる!し…

仕事中、ケータイに知らない番号から電話が入る。 今度の旅行の添乗員さんだった。諸々の連絡や質問受付などなど。こうやって全参加者に電話しているんだね。大変だぁ。でもこうやって事前に話(と声)をきいておくと安心感も高まってくるものだからとてもあ…

今日のDVD。 まずは『カストロ』(CASTRO/フィリップ・セルカーク/2003・独)。 詳細はよく分からないけど、どちらかというとカストロに批判的なニュアンスが強いドキュメンタリー。ただし地元の人達がカストロを褒め称えるインタビューもしっかり収録され…

仕事初め。とか言って昨日も一昨日も一人で来てたのであまり新鮮味なく。しかもこれといって仕事もなく。ヒマでしょうがないので、となりの部署の入荷トラックが一気に4台きちゃって駐車場からあふれている、という噂を聞きつけ、我が部署暇人4人でヘルプ作…

今日のDVDは『キューバの恋人』(黒木和雄/1969・日)。 全然ダメだったわー。どこまでも津川雅彦が軽薄でイヤだったわー。当時の景色が観られたのはよかったけどね。 ものすごく期待していただけに肩すかし感デカし。ググ。キューバの恋人 [DVD]出版社/メ…

もうバズはすっかり出不精というか散歩嫌いになってしまって、一緒に出掛けてくれない。しょうがないので一人で出勤。 毎年長期休みの時は職場の工場の機械を空回しに来ている。特に冬場は寒くて油もかたくなっちゃうのだ。 さて、現場の機械2台をおよそ1時…

DVDで『チェ 39歳別れの手紙』(Che PART 2/スティーヴン・ソダーバーク/2008・米仏西)。 前編よりこっちの方がよかったかなー。いやむしろ一気に観ちゃえばもっと印象もよかったのかも。合わせて4時間以内に収めてくれたらだけど。 ベニチオ・デル・トロ…

宝くじ、全ハズレでした。ものすごくダメージでかいっす。 というわけで、ものすごく時間をかけてしまった『キューバへ行きたい』(板垣真理子/2011)、ようやく読了。気持ちはジワリジワリ盛り上がって来ています。キューバへ行きたい (とんぼの本)作者: …

キューバ強化月間にともない、DVDで『チェ 28歳の革命』(Che PART 1/スティーヴン・ソダーバーク/2008・米仏西)。 うーん、もうちょっとコンパクトでもいい気がする。事前に、キューバに関してある程度の知識を詰め込んでおいてよかった。これ、まっさら…

DVDで『苺とチョコレート』(Fresa Y Chocolate/トマス・グティエレス・アレア、フアン・カルロス・タビオ/1994・キューバメキシコ西)。 存在も知りませんでした。でもとてもいい映画でしたわ。淡々としていて、基本的に会話だけで物語が進んでいくのだけれど、…

DVDで『フィデル・カストロ x キューバ革命』(American Experience Fidel Castro/アドリナーナ・ボッシュ/2005・米)。 政治家としてはもちろん、その人間性にも踏み込んでいて、かつカストロに批判的なインタビューも出てくる。もともとアメリカのTV番組…

4〜5回スケジュール変更のメールをやりとりし、もう一旦立ち消えだな〜と諦めかけていたキューバ行き。なんとキャンセルが出たとのことで急遽決定。わーお何も準備(予備知識って意味でね)してないぜ!この2ヶ月はかなりの痛手だわ。これから1ヶ月間で無理…

突然、母からメール。 「来年の1月か2月にキューバに行きます。オトーサンの散骨に行きます。空いてますか?至急返事ください。」 なんてゴーイン! まあ親孝行とかは二の次。キューバだもん!こちらもゴーインにお応えしなくちゃ。

≪前のページ