ライヴ浅草

仕事の休みを取って、9:30に浅草集合。
小心ズのヤノミが、To R Mansionの はなび と かよ とで組んだ「おさらスープ」の大道芸を撮るのだ。
天気もあまり良いとは言えず、ギリギリにやっぱり中止になっちゃうかも知れず、実際の出演時間も当日の朝決まる、とのことで。朝のうちは僕は基本的にやることなし。3人はメイクや本番前のドタバタや緊張と闘っているので、楽屋を離れ、浅草(というか馬券売り場の近く)の通りを散策。なんかいいな〜、おじちゃんばっかりで。映画館もイカスもんばっかりやってる。ここに住んでたら通うだろうね間違いなく。
出番は11:30。内容は全然良かったけれども、やはり音の問題。BGMをスピーカーから出すと声が完全に負けてしまう。結果的に街の雑踏にかき消されてしまうのだ。多分これ、路上でやる全ての人のアタマを悩ませている問題だろうなぁ。おさらスープのように、「魅せる聴かせる参加させる」が必須のグループには致命的といってもいい。曲芸や手品をやっているわけでもなく、一つのショウとして成り立つ種類のものなので、音が弱くてはそもそも人が足を止めてくれない。
昼飯を取りながら反省会と午後のステージの練り直し。BGMの音量・音質調整とボーカル・マイクの使用等々。勿論僕は食べてただけで、一人で黙々と各ネタの撮影必須ポイントをなんとなくイメージ。
二度目が14:30頃スタート。さすがマイクの力は大きい。ヤノミの勢いのある煽りで、1回目に較べてはっきりと違いが出るほどの集客となった。そのままの勢いで本編に突入し、とてもスピーディーで目を惹くステージだった。撮影イメージは、客が増えた時点であっさり断念。でも結果的に3人の動きがとても良くなったので、撮影はあまり頑張らなくても勝手にいい顔で収まってくれて全然ラクだった。
しかもショウが終わった瞬間に、雨。サイコーのタイミングで終演。
それから楽屋で、ビールを呑みながらビデオ・チェック。今回はトトチャン用ではなく、彼女等の別口での使用に合わせた要編集素材の撮影だったので、このネタのこの部分からそのネタのその部分をくっつけて、こっから先は容赦なくカットして、とか喧々諤々と意見交換。勿論僕は呑んでただけで、一人で雨の中を馬券を握り締めているおじさん達を眺めていた。
===
にしても、おさらスープ面白いわ。エライやっちゃ、この人達。
===
気圧のせいか、朝から軽く頭痛だった。そしていよいよ本チャンの雨となると、アタマに加えて腰、そして体の節々が痛み始める。一体どうしちゃったんだろうかこの体は。
帰宅して、ビデオをちょこっといじってみるも、椅子に座ってるのも辛くなって早々と就寝しちゃいましたとさ。ダイジョブなのかこんなことで。
tag : osarasoup shoshinz tormansion

≪前のページ