選挙のあとは呑み会に限るの巻

選挙に、負けた。負けた?良く分からない。しかし、アタマのてっぺんからつま先までがっくりしょんぼり来ている。
自民圧勝。まずこれ一つ。そして維新躍進。全然躍進とは言わないようなのだけど、僕から見たらあれでこれだけの議席を取るって、ありえないレベルの大躍進。
そして共産党の負け。僕は小選挙区も比例も共産党に入れたので、これも切ない。そして未来の党のお話にならないくらいの惨敗。なんだったのかね、あの、盛り上がっているような気にさせられたのは。ツイッターとかフェイスブックのせいだな。余りに狭い世界でしか希望も絶望も自信も心配もしていなかったようだ。
それから民主。なんともあっけないものよ。僕はかの党には批判的な立場だけれど、それでもこのあっさりボロクソ状態は切なくなる。これは小選挙区制に切なくなっているということでもある。
自民が勝つのも民主が負けるのも軽く予測の付くことだけれど、何がしょんぼりかって、投票率の低さ。
良く言われていたところの、「民主がダメだから自民」という発想がアホってのには全面同意だったので、そうじゃなくってこっちを向いて〜なはずだったんだよね、多分僕の回りのツイッターなりフェイスブックの流れでは。
でもそうじゃなかった。みんな関心がなかったのね。前回に較べて投票率が下がって、かつ自民の得票数すら下がっているってことは、別に「大きく右に舵を切った」ということではなく、民主に入れてた人達の大半が「どーでもいいや」で投票所に向わなくなっちゃったってことよね。
乱暴な言い方をしてしまうと、僕は国民が(アホでアホでどうしようもなくって)真面目に自民党を支持して原発再稼動賛成、TPP賛成、消費税賛成、改憲賛成、瓦礫拡散賛成、徴兵制賛成ということであるなら、それはそれで、最後まで抵抗はするつもりだけれど、納得出来る。
でも今回は違うでしょ。どーでもいいっていう、いわゆる民意でしょ?だからがっかりというかしょんぼりというか、脱力。
まあ、負けたと言うんだろうな。無関心という敵に。
===
参考までに、毎日新聞の記事から。
自民得票数
2009年選挙 (小選挙区)27,290,000(比例)18,810,000(合計)46,100,000(議席数)118
2012年選挙 (小選挙区)25,640,000(比例)16,620,000(合計)42,260,000(議席数)294
丸写ししただけだから、ちゃんと自分で調べたわけじゃないけど、もしこれホントだとしたら笑っちゃうしかないよね?

===

そして忘年会。
去年の鶴駒富士会が思いの他カオスだったので、是非とも今年も、という運び、だった、はず。
今年は富士が年末多忙人だった(というかこの人は年中多忙人)ので不参加、鶴駒会になった。会場は北赤羽の銭湯の上の部屋である。
幸か不幸か、仕事を終えて「じゃああとはよろしく」と言いかけた途端に現場でミスが発生しちゃって、40分以上寒空の下にギャル達を放置してしまった。反省。
家に入ったその瞬間にバズに求愛されてしまって、玄関で靴も脱がずにバズを抱き続ける鶴と、さあ呑もうさあ呑もうと血気盛んな駒。そんな良く分からない人達でした。
なんとなく音楽の話とかよく分かってないくせに選挙の話とかで盛り上がっているうちに、あっという間に終電タイムでした。家呑みいいねー。
そのあと渡と熱く暑く政治話で長電話。でも酔っ払ってたので良く覚えてないんだこれが。

≪前のページ