実家。
あまりいい目覚めにはならず。
一緒に初詣に、という案もあったが、多忙の為別れ、Q太郎のところに寄り、修理を頼んでいた婆ちゃんの形見の三味線を受け取る。軽くレクチャーを受け、三味線も案外楽しいということを知る。なんとなくゴキゲンで帰宅。
軽く弾いて、いい気になってから仮眠。
夕方目が覚め、あまりに暇なので映画に行く。
シネマカリテで『シェフ!』("COMME UN CHEF" / 2012・仏)。
面白いっちゃあ面白いんだけど、まあ、元旦だから許すレベルかも。なんだか途中から担当が変わったんじゃないかと思えるほど、脚本のノリが変わる。最初っからこうしてりゃ良かったのに。つまり最初っから「くっだらない!」をベースにしていれば、むしろもっと品も備わったような気がする。
シネマカリテは去年の年末にリオープンした映画館。予想以上に快適な空間で高得点。多分一番前でも苦にならないと思う。何より段差がしっかりついているのがありがたい。椅子もとても快適なのだけれど、でもなんか安定感に欠けるというか、微妙に「ふわっふわっ」と動く時があって、気になるほどでもないけれど、でも一瞬気が散る。
===
まあ、元旦としてはなかなかいい一日だったのではないでしょうか。

tags : 映画 新宿シネマカリテ

≪前のページ