ジロキチでソウル・シューズと赤い夕陽とマモル&ザ・デイヴィス。
ソウル・シューズ、なんと突然(ではなかったのかもしれないけど)のラスト・ライヴ。とても気持ちのいい感じになっていたのに残念だ。また数年後に同じメンバーでやり始めてくれるのではないかという期待も残しつつ、おつかれさまでした。
赤い夕陽、せっかくジロキチで反応のいいお客さんもいっぱいだったのに、ちょっぴり不発だったかなぁという印象。なんだろか。どこか、ピタっときてくれなかったよね。
マモル&ザ・デイヴィス、何がスゴイかって、ちゃんと新曲があるってこと。これをコンスタントに続けているって心底スゴイと思う。本当は全てのバンドにこれを望みたいけど、実際そんなことを実現できるのはほんの一握り。マモルさんはとにかく働く男だ。えらそうに言わせてもらうけど、本当にエライ人だよ。で実際、その新曲たちもかっこいいのだから恐れ入った。

48ブルース 〜 森へ行こう 〜 キャデラック6号 〜 セブンティーン 〜 マジックバス 〜 マディーウォーター 〜 プリティーソウルレヴォリューション 〜 ロマンス 〜 夕陽が俺を呼んでいる 〜 8月4日B級劇場 〜 素敵なダンス 〜 レヴォリューション 〜 ヘイワのHEY!! 〜 ロックンローラー 〜 やさしいロックンローラー (encore) 星空ブレイクダウン 〜 ハードレイン (encore) 夢の原子力

===
鶴ちゃんとコマちゃんとぷじちゃんに揃って会うなんて何ヶ月ぶりでしょうか。嬉しかったです。
そして何よりジャッキーさんに会った!ものすごく元気だった。マシンガントークが止まらず終電で逃げてきた。犬のこととかバンドのこととか色々聞かせてもらって、こっちも色々考えて、なんかいい時間でした。でも話もいいけど、やっぱドラムを聴きたいよね。早く早くと急かすつもりもないけれど、でもいつか必ず、ね。
tags : soulshoes akaiyuhi mamoru&thedavies jirokichi jackie&thecedrics tot-channel

≪前のページ