松元ヒロ@コア池袋。
多分数ヶ月前、Facebookで見つけたライヴ情報。映画とヒロさんのライヴってことで、なんとなく面白そうだったので「参加予定」にしていたのだが見事にそのまま忘れていた。そしたら数日前に主催の方から「ドタキャンOKだからチケット取り置きしておくぜ」とのメッセージ。ありがてえ。忘れててごめん。
で、行ってみるまで全然知らなかったんだけど、ワーカーズ・コープ(存在もしらなかった)に関するドキュメンタリー映画でした。とはいってもドキュメンタリー部分と完全なフィクション部分があって、そのフィクション部分がイントロとしてドキュメンタリー部分を軽く紹介する・・・なんだかわかんなくなっちゃった。とにかくそこにヒロさんが松元ヒロとして演技してるっていう、そんな縁でじゃあライヴも一緒に、って流れみたい。映画は、映画作品としては正直面白いものではなかった。繋げてるだけ感が強く、もうちょっと編集・演出で凝ってもらいたかったかなー。でも宮崎美子のナレーションは優しかった。胸きゅん。
で、松元ヒロライヴ。ヒロさんはやっぱりヒロさんで、しっかり泣かせて笑わせて唸らせる。長生きしてもらわなくちゃ困る人筆頭だと思う。
主催の、というかメッセージをくれたのは飯沼さんという女性で、実際に話してみたらとても元気溌剌でなんでも来い!な感じの肝っ玉かあちゃんでした。ヒロさんのファンだから来たとの話をしたら「じゃあアンタも打ち上げいらっしゃい!」と暖かい言葉。しかし流石にそれは空気読まなさすぎなので、丁重にお断りして、とは一瞬も思わなくて「やったー。じゃー行くー!」との運びとなりました。
ワーカーズコープな人達とかその他のお客さんお友達とヒロさんとみんなでわー。つっても僕が喋ってたのは実質3人だけだけどね。
なんにせよ皆さんありがとう。ずうずうしいって得だね。ホントすみません。

≪前のページ