あのスティーヴィー・ヘーガーさんがまたニッポンにやって来ました。まあ調べてみたら僕の知らないうちに結構かなり頻繁に訪れていたんですけど。もちろん今回も(前回も前々回もその前も)ホット・クマと共演である。
昨今は、こっちからチェックしなくてもFacebookでアチラからお知らせが届くのでありがたいっす。これをいいといっていいのかどうか悩ましいところだけれど。
そんなわけで全行程のうち、僕がお邪魔したのは大塚のウェルカム・バックというお店。名前からしてもウェブサイトのデザインからしても今風でないところが大変気に入りました。しかも共演というかオープニングアクトが小林ヨシオ&夕暮コウ。そりゃ行かないわけないのです。
ヤング・フォークスが開店休業中な感じなので、ヨシオさんは最近はイー・クラックでの活動の方が多いみたい(よくわかんないけど)。これもその一環な感じでしょうか。イー・クラックは去年の年末に一回観たきりだけど、その時にやっぱこの人は素晴らしい作家なのだなぁと痛感させられて、その引出しの多さというよりは深さに心底メロメロになってしまった。で、今日も
やっぱすげかっただよ。
いちいち美しすぎるんだってば曲が。夕暮さんのヴォーカルで余計引き立つのかしらね。ただただ聴いていたい。いわゆる「撮るのがイヤになる病」って感じです。そもそも二人とも座ってるから動きがないしね笑。

You're Running Wild 〜 In Your Room 〜 It's So Easy 〜 It's Too Late 〜 You & Me 〜 菫 〜 The Surfer Moon

エミールー・ハリス?リンダ・ロンシュタットキャロル・キング?とかのカバーとヨシオさんのオリジナルが散りばめられたそのステージは、そりゃもう夢のようでしたわよ。ちなみに「In Your Room」はヨシオさんのペンによるペブルスの名曲。これも好きなのよね僕。
菫(すみれ)(小林ヨシオ+夕暮コウ)
続いてホット・クマ。
凄腕の人達しかいないから、やっぱグウの音も出ない。今日はジゾーさんの目の前だったんだけど、レスポールの音が気持ちいい気持ちいい。繊細すぎるだろーっ。それから、先日体調崩しました報告をFBをしてて、でも瞬く間に元気です宣言をして精力的すぎる音楽活動を再開したクマさん、一応こちらも心配そうにしてみたんだけど、やっぱり元気すぎてビビった。おじさん達すごすぎるぜ。
何曲かホット・クマだけで演って、それからスティーヴィー・ヘイガーが登場。数曲ホット・クマをバックに歌ってから、ステージ上手にセッティングされているドラム・セットへ。ここから松崎さんとのツイン・ドラム。多分この時が一番良かったかも。
この人は叩きながら歌ったりはしないんだろうか?往年の名曲カバーを凄腕ミュージシャンの生演奏をバックに歌ってってだけだと、この人のキャリアをよく分かっていない僕からすると、ちょっと間延びしちゃう。唄わないにしてもせめてドラムセットを中央で並べてほしかったなぁ。途中でドラムソロの掛け合いがあったんだけど、あれも絵的にもっと来てくれよーっ!な気持ちにさせられてしまった。いや撮影という意味ではなく、肉眼であったとしても、あれがもっと中央でスティーヴィーが叩いてくれていたら、更に更にかっこよかったんだろうなーと心底感じてしまったわけ。
ホット・クマ単体の時の方が、曲のバリエーションがあるってのも逆に困っちゃうことなのかもしれない。60年代カバーが中心になってしまうだろうからそれはしょうがないことなのかもしれないけれども。今度来る時はこのメンバーであえてファンクとか演ってほしいね。軽めにイアン・デューリーとか。って無責任に失礼にめちゃくちゃ書いてますけど、もちろん実際その場では僕も楽しんでいますよとても。
Oh! マリア(ホット・クマ)
君がいればHappy 〜 Help Me Rhonda(ホット・クマ+スティーヴィー・ヘイガー)
ところで、ウェルカム・バックってやっぱり素敵なハコで、スタッフの人のライブ・レポートが載ってたりする。とてもPEACEです。でそれがまたリンクが付けにくかったりする。LOVEです。無理やり貼りますけど。UNDERSTANDING。⇒コチラ
tags : stevieheger hotkuma yecrack welcomeback pebbles tot-channel

≪前のページ