eBayで落とした逸品。
47年から51年くらいのStyle3。クラックなし。フレット異常なし。トップ落ちなし。もう完璧といってもいいくらいのコンディション。でも残念ながら、塗装のみアウト。ベッタベタやねん。


埃もすごくてサウンドホールの中の刻印は完全に隠れてしまっています。ペグも真っ黒。なのでまずは大掃除です。
写真は、弦が2本しか張ってないのがBEFORE。4本なのがAFTER。
これじゃ違いがわからんね。
残念ながらボディーの塗装はベタベタが取れない。これは修理に出さないとムリっぽい。多分部屋の湿度も関係しているけど、抱えるとTシャツがピリピリ引っ張られるくらいすごい。
でもなんとか弾いてみる。
そしたらね、もうすごいマジカルな音が響き渡るんですよ。
でもしっかり弾くことは出来ないんですよ。
ものすごくストレスフル。病気になりそう。
tags : ukulele martin style3

≪前のページ