6月?だっけ?そのあたりに決まっていたロジャー・マッギンは延期になりまして。当日、会場の前まで行って誰もいないなーどうしたんだろうと思ってネットで検索して延期になったってことを初めて知った、というくらい情報弱者な僕は、今回の振替公演の日程もつい先日知りました。
ちょっと仕事の日程的に二日連続はどうよって感じになってしまったので、一日だけ払い戻しできますか?って西新宿のヴィニールに行ったら、アンタ今頃何言ってんの?とっくのとうに振替の告知してるしとっくのとうに払い戻しは締め切ってるよ!なんてことは言われていませんけどそういう空気感満載で本当にすみませんでしたという思いに駆られて泣きそうになったんだけど、親友の51さんが二日目は引き取ってくれたのでめでたしめでたしになって、今日、振替公演の初日のみ、伺いました、とさ。
残念ながら軽く熱が冷めてしまっていて、とても冷静に観ちゃった。で、冷静になってみて今更のように思い出したんだけど、僕、ロジャー・マッギンの声ってけっこう苦手なんですよね。そもそもバーズ自体、それほど好きじゃないんですよね。クラレンス・ホワイトがいたからってのが実質100%の理由で聴いていたようなもので。一応全アルバム持っているし、それなりに初期も楽しんでいるけど、まあ初期は初期でジーン・クラークがぁ、とか思って聴いてたし。
ちなみにクラレンス・ホワイトは、オールタイム・フェイバリット・ギタリストのベスト3に入ってるくらい好き。あとはウィルコ・ジョンソンとアル・アンダーソンなんだけど。更にちなみにウクレレだったらウクレレザザかウクレレユフ(・ウフ?)かホリワイアンズの人たち。まあどうでもいい情報ですけど。
とまあそんなわけでロジャー・マッギン。そういうオマエが感想を言うなって話なのは百も承知なのですけど、失礼を承知で言わせてもらうと、もっとリッケン弾いてほしかったなー。7弦アコギ(どうやら3弦が復弦らしいっすよ)もいいんですけど、やっぱリッケン弾き語りの方が燃えるよなー少なくとも見た目的には。それから、結構な数の曲を演ってくれるのはもちろん嬉しいんだけど、1番とサビ、とかで終わっちゃう曲の多いこと多いこと。フォークバラッド!とか言うと長い曲が多いし、歌詞の通じないニッポンじゃちょうどいいのかもしれないけど、あまりにダイジェスト感満載で、もうちょっと引っ張ってほしいわーって思うこと数回。大失礼を承知で言わせてもらうと、昔の名前で出ていますな演歌歌手が営業に回って昔のヒット曲を短めのカラオケで唄います、みたいな絵が浮かんでしまいました。
念の為言っておくと、会場は大盛り上がり大会でしたよ。「ふ〜ん」なんて言ってたのは間違いなく僕一人です。
で、休憩時間に喫煙所でタバコふかしてたら、明日のチケットを譲ったはずの51さんがいました。「あれ〜?明日なんだっけオレ?入っちゃったよぉ!」だって。スゴイね先輩やっぱ。もちろんこれはズルをしたとかアホをしたとかそういうことじゃなくって、チケットに記載された日付は6月のまんまで、1日目は今日、2日目は明日、という一応の振替になっていて、開場したての整理番号順に入場する際にはその日付の縛りがあるけど、みんな入り終わってからは、どっちのチケットでも良かったみたい。先輩は開演ギリギリに来たみたいだから入れるのは正解なんです。でもそもそも、11/26どうかな?おっ行ける。行くよ。って会話がなされてたわけで、その上でニコニコして11/25に馳せ参じるっていうことはやっぱり大不正解なんです。そういう意味で僕は51さんを本当に尊敬しています。
tags : rogermcguinn byrds clarencewhite wilkojohnson alanderson ukulelezaza ukuleleuff sweethollywaiians

≪前のページ