12月8日。日本時間で考えるなら真珠湾ってことになるのかもしれないけれど、そこはまあ置いといて、ジョン・レノン
こういう日としては最適、イエロー・ドッグズ@新宿紅布。
開場してからBGMはずっとビートルズのジョンの曲。いいですね、DJでなくMP3的なデータものを流していたようです。そのくらいの方が落ち着きます。
ほぼ時間通りにイエロー・ドッグズがスタート。
ミナ子さんがこれ以上ないくらいに重厚です。なんかどんどん変わってきている気がする。よくイカリさんが「コピーバンド」という言葉を好んで使うけれど、その自虐がそろそろ通用しなくなってきている気がする。ドラムだけ一段高い所にセッティングしてもいいような気がする。Xのヨシキさんみたいにもっと目立つようにしてもいいような気がする。・・・というようなイメージは、ある意味このバンドにおいては「違和感」と表現してもいいと思う。イエロー・ドッグズのCDを聴いたり過去の映像をYouTubeで観ていても、僕はその音を「重厚」と感じたことは一度もない。決して「軽い」音のバンドではないけれど、爆音的破壊的要素の中にも必ず「軽さ」が残っている、というイメージが強い。この、シンプルな音楽をソリッドに追求していく、そんなバンドスタイルの枠内で、彼女の重厚感をどこまで追求できるのか、どこまでギリギリのバランスを保ちながら軸がずれていくのか、それが今後とっても気になるし積極的に観続けたい。だから最低でも2ヶ月に1回くらいの頻度で披露してほしいところなんだけど、来年そんなに続かないのかもなぁ、という気がしないわけでもない。少なくとも前の3人は、ミーちゃんが化けることには喜びを覚えても、このバンド自体が化けるということにはさほど興味がないのではないかと。
もしそうだとしても、その気持ちはまあわからないわけでもない、気がすると同時に、急にやりだしてここまで観せといてそりゃねえわな、という気もする。だからもっと自分たちにも興味を持って、と思っています。
このあとビート・モーターズ、ハニー・メイカーと続きましたが、中座しました。すみません。
BGMのおかげで、一刻も早く家に帰ってジョン・レノンの歌うビートルズを聴きたくなっちゃった。先日iPhoneのデータが吹っ飛んでから入れ直してないもんね。ソロばっかだもんね。電車移動中、一応そのへんの音楽を聴いてみたりもしたけれど、結果ものすごくストレスフル。イウォビーロン毛ー。イェー。
tags : yellowdogs redcloth tot-channel johnlennon

≪前のページ